舞台裏

技術の足跡

2021年11月9日

皆さん、こんにちは。営業部の大竹です。

突然ですが、日本は世界有数の産業技術を持つ国だそうです。
日々の生活の中ではなかなか気が付くことができませんね。

昭和、平成、令和と時代が移ると共に、新しい物が次々と世に出され、
それまでに発明、開発された物や使われてきた物はひっそりと姿を消しつつあります。

そんな産業技技術の発展や歴史の資料を後世に残してゆくために国立科学博物館が主体となって
平成14年6月に「産業技術資料情報センター」という組織を立ち上げました。
同センターではその研究活動の一環として「産業技術資料の所在調査」を行い、その貴重な資料を
データベース化しています。

このブログの「HISTORY」でも書かせていただいていますが当社は大正8年の創業以来、日本の劇場
そして演出照明の発展と歴史に貢献し、共に歩んできたといっても過言ではありません。

実は丸茂電機が創業から昭和初期にかけて製作し、劇場向け調光器として会社の代名詞ともなった
オートトランスやC-8、T1、DFなどの器具当時のカタログ(型録)の合計25点が
産業技術資料データベースに登録されました!(T1やDFは技術の進歩と共に少しずつモデルチェンジは行っていますが現在も販売され、お買い上げいただくことの多いロングセラーの製品です)

先日、改めてそのページを眺めてみました。
その時代に生きていたものが時を経て使用を終えた今もその存在に意味があることを感じます。

物と技術に歴史あり、そしてその後ろには先人の存在が必ずあります。
それを忘れることなく、私達もまた今、この時を紡ぎ次代へつないでゆきたいなぁと感じました。

産業技術研究センターのHPはこちら。

http://sts.kahaku.go.jp/sts/index.php

また、当社のデータベース登録ページはこちらとなります。

産業技術史資料データベース (kahaku.go.jp)

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

2021年4月21日

皆さま、こんにちは!

木々の緑の鮮やかさが目にまぶしい季節となってまいりました。

ゴールデンウィークももう間もなくですね。

さて、当社では下記の日程を『ゴールデンウィーク休業』とし、業務を休ませていただきます。

休業期間中につきましては、お客様に多大なご不便をおかけいたしますが、ご理解ご了承の程、

何卒宜しくお願い申し上げます

休業期間: 令和3年4月29日(木・祝)~5月5日(水・祝)まで。

令和3年5月6日(木)より通常営業いたします。

※休業期間中の緊急連絡先は03-3252-0327(10:00~18:00)となります。

新年度スタート

2021年4月2日

皆さま、こんにちは。

本日も当ブログにお越しくださいましてありがとうございます!

新年度となりました。

新社会人、新入学そしてご進級の皆さまおめでとうございます。

「新」と言葉につくだけでなんだか気持ちがまっさら、そして前向きになりますね!

新、という漢字の成り立ちは諸説いろいろあるようですが、 もともとは木を斧で切るというところから端を発したようです。 転じて、その切り口の様子、そのみずみずしい様や今までにない状況を生み出す という意味を持った言葉になっていったようです。

春は草木が芽吹く季節でもありますので余計にこの言葉が響くのかもしれませんね。

さて、新年度が始まると、入学式や歓迎会などの式典や催しなどもあるかと思います。

皆さま、もうご準備はお済みでしょうか?

電球、カラーフィルターの補充など舞台照明に関係することで当社が皆さまのお役に立てそうな場面がありましたら、お近くの営業所まで気軽にお問合せをいただければ嬉しいです。

製品につきましては丸茂電機HPの「ラインアップ」または「ページ右下のバナー」よりご確認いただけます。

そもそも舞台照明って?という場合には「初めての舞台照明」をご覧いただければと思います。

それでは本年度も皆さまの毎日がみずみずしく新しい喜びに満ちた日々となりますように!

営業部 大竹

暮れのご挨拶と年末年始休業のご案内

2020年12月10日

皆さま、こんにちは。
本日も当社ブログをお読みくださりありがとうございます!

令和2年、年明けのご挨拶をしたのがつい先日のことのようですが、
気が付けば本年も残すところあとわずかとなってしまいました…

 

年末1

 

 

 

 

 

 

 

この年末に大掃除かたがたランプ交換やレンズ清掃をしたいな、
とお考えの方もいるかもしれません。
そんな時は、こちらの記事を参考にして大掃除にお役立ていただければと思います。
掲載先はコチラです。(いまさら聞けない的情報カテゴリーへ飛びます)

私共の年末年始の休業につきましては下記をご参考にしていただけますと幸甚です。

今年も一年、当社へのご愛顧並びにHP、ブログにご訪問いただきありがとうございました!
まだ全てが思い通りとはいかない日常ではありますが、今年一年手探りしながらも進み続けた日々は
きっとそう遠くない先の日に実を結ぶと信じて気持ちよく今年を締めくくりつつ、
皆様におかれましては良いお年をお迎えいただけますようお祈りいたしております。

 

 

休業期間    令和2年12月26日(土) ~ 令和3年1月4日(月)

令和3年1月5日(火)より通常営業いたします。

 

※12月25日(金)は製品の出荷はいたしかねます。ご了承ください。

※年末年始の間は運送状況により着荷日が通常と異なる可能性がございます。

※年内の最終出荷につきましては最寄りの営業所にてご確認くださいますようお願い申し上げます。

 

本年も宜しくお願い申し上げます

2020年1月7日

IMG_9559

 

 

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます!

 

無事に令和元年が幕をおろし、

令和初のお正月、年始め、仕事始めとなりました。

 

旧年中は皆様に沢山のご愛顧、ご用命を賜りまして誠にありがとうございました。

私共、丸茂電機は本年春に101周年に踏み出します。

これも、ひとえにお客様皆様の御陰と感謝の思いに堪えません。

 

私共は本年も社員一同一丸となりまして

文化、芸術に貢献し、全力で皆様のお役に立つ企業となるよう努力邁進してまいります。

 

今年は庚子の本年は十二支一巡の初めのであり

東京でもオリンピック、パラリンピックの開催と、

きっと日本も全体がにぎわいを増してゆく年になることでしょう。

皆様にとりまして本年が益々の飛躍の年となりますようお祈り申し上げます!

 

 

 

2019年 お世話になりました!(年末年始休業のお知らせ)

2019年12月24日

皆さま、こんにちは。

営業部の大竹です。

いよいよ12月も後半戦。

1da775857fc623f217fed0d2b6ddaf14_s

 

 

 

 

 

 

令和元年も残すところあと僅かとなりました。

もう間もなく令和最初のお正月ですね!

新年を迎えるご準備はお済でしょうか?

今年も一年、当社へのご愛顧並びにHP、ブログにご訪問をありがとうございました。

当社では年末年始の休業期間を設けさせていただいております。

下記にて詳細をご確認いただけますと幸いです。

皆さま

どうぞあたたかくして

良いお年をお迎えくださいね!

 

休業期間    令和元年12月28日(土) ~ 令和2年1月5日(日)

     令和2年1月6日(月)より通常営業いたします。

 

 

※12月27日(金)の出荷はいたしかねます。ご了承ください。

年内の最終出荷につきましては最寄りの営業所にてご確認くださいますようお願い申し上げます。

 

創立記念日を迎えて

2019年3月13日

いつも当ブログをお読みくださりありがとうございます。

今年もこの季節がやってまいりました!

 33日は弊社の創立記念日でした。

毎年この日を迎えますと気の引き締まる思いがいたします!

 

本年の創立記念日は、当社にとりまして100周年という節目の年となります。

 

100周年のこの日を無事に迎えられましたのもひとえに、お客様のご支援、
ご愛顧の賜物と心より御礼申し上げます。
 

先人が築いた強固な土台をもって、これからも皆様のお役に立てる企業となるよう
社員一同一丸となり、粉骨砕身の思いで倦まず弛まず歩んでゆく所存です。
 

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

HISTORY 10 【最終回】日本の文化芸術振興と共に

2017年3月3日

皆さま、本日も当ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

本日3月3日は当社の創立記念の日となります!

本年もまたこの日を無事に迎えられましたのも皆さまのお力あってのこと。
私共は創立より日本の文化芸術発展の一端を担わせていただいておりますが
なお一層、励んでまいりたいと存じます。

第1話 は コチラ
第2話 は コチラ
第3話 は コチラ
第4話 は コチラ
第5話 は コチラ
第6話 は コチラ
第7話 は コチラ
第8話 は コチラ
第9話 は コチラ

 

さて、皆さまに当社のことを知っていただき、親しみを持っていただければ
と掲載してまいりました社史ですが、今回で最終回となります。
全10回のご愛読ありがとうございました。
今回も最後までごゆっくりお楽しみください。

 

『昭和30年に高校演劇指導者講習会が開かれることになった。
これを発端としてその後全国各地の高等学校では“文化活動としての演劇”
が盛んになっていった。

大会やコンクールが各地方で開催されるようになると講堂や体育館にも
舞台照明を設備するという学校が年々増えてきた。

また、ホテルや旅館も宿泊だけでなく宴会場などの多様な機能を
兼ねはじめ、演出照明設備が必要となってきた。

昭和40年代は万国博覧会の開催に伴うパビリオンの建設や、
公共事業が盛んとなり全国各地で劇場などの文化施設
の建設がなされるようになった。

テレビ放送は開始されて以降目覚ましい進化を続け演出照明の需要はますます
高まっていた。

こうしたさまざまな要素が折り重なり調光装置を始め、舞台照明設備の技術
は更なる進化を遂げていった。
昭和50年代後半に入り文化活動がますます勢いを増してくると
全国あらゆる都市で文化施設の建設をに拍車がかかっていった。

当社は会館の規模の大小を問わず、その施設、目的にあわせ
最新技術を投入した記憶付の照明操作卓から手動の照明操作卓まで納入していった。

その流れの中、東京大田区の機器開発及び電子関係の業務を担っていた
“東京工場”の敷地を京浜急行電鉄に用地提供するのを機に新たに昭和61年(1986年)
実験スタジオや照明器具からソフトウエアの開発に至るまでの設備を
兼ね備えた“技術センター”を新築することとなった。
また第二次世界大戦の東京大空襲でも奇跡的に焼けることなく残っていた
本社社屋は老朽化がすすみ創立70周年を機に平成2年(1990年)新社屋に
建替えとなり現在に至っている。

白熱電球の発明からわずか139年あまり。
現在、照明器具の光源としてはLEDの採用が目立つようになり、
調光もデジタル信号を使用したシステムを採用するようになっている。

ハード(舞台周辺機器)の進化がソフト(上演作品)の多様化を産み
またソフトの多様化がハードの進化を促して日本の文化芸術は発展を
遂げてきた。

当社は今後も文化芸術を愛し感動する心を大切にしながら次世代の
舞台、テレビジョン照明設備の発達を促しながら社会貢献をしてゆきたいと
考えている。』

HISTORY 9

2016年10月1日

皆さま、いつも当ブログにお越しくださいましてありがとうございます。
ゆっくりペースで進めております、当社の成り立ちを皆さまにご紹介
させていただくこのシリーズも、今回で9回目。

今日は新型調光器をテレビスタジオを皮切りに日本の名だたる劇場へ
納入してゆく舞台照明革新期のお話です。

第1話 は コチラ
第2話 は コチラ
第3話 は コチラ
第4話 は コチラ
第5話 は コチラ
第6話 は コチラ
第7話 は コチラ
第8話 は コチラ

をご覧くださいね。

では、スタートです!

日本経済が復興し、国民の生活水準の向上に伴いテレビという大衆的映像文化
が目覚ましい発展を遂げる時代がやってくる。

昭和26年テレビジョン実験放送が実現すると当社でもアメリカやヨーロッパの文献
を頼りにテレビスタジオ用の照明の研究が開始された。
NHKでは昭和29年に本放送を始めるに当たり、国内産の機材でテレビスタジオ
を作ろうという機運が高まり、照明設備については当社で担当することになった。
舞台照明で培った技術を基に、実験放送開始からほどなくして取り組み始めた
スタジオ照明の研究成果を存分に発揮することができた。

以後、NHKに次いで開局するテレビスタジオ照明においても当社は業務を通じ
貢献してゆくこととなった。

劇場界においても丁度その時期、現代科学と技術の粋を集めた劇場建設の計画が
立ち上がり日生劇場の建設が始まった。
日生劇場は外国の一流劇場で当時採用されていたサイリスタ方式(シリコン製の
半導体素子により大電流を制御する整流器を利用した調光方式)の調光装置
を取り入れた。

多数の場面を事前にセット出来るこの方式は照明の変化を瞬時に行えるなどまさに
最先端の技術が導入された設備であった。

技術部門の責任者であった吉井澄雄氏(現 公益社団法人日本照明家協会名誉会長)は
著書『新劇と私の数十年』の中で次のように記している。
「当時の劇場、ホールの貧しい照明設備では、とても自分が考えているような照明は実現
できそうになく、また、それを改善する力もなく、
その方途もすぐにみつかりそうもなかったからである。 (中略)
その頃のテレビ局はアメリカの技術に追いつくために、最新のエレクトロニクスの
情報を取り込むのに大量で、その中には欧米の新しい技術資料もかなりあって、
門前の小僧よろしく自分の糧にしてしまった私は、こうした照明の設備や器具を何とか
劇場に採用できないものかと夢見ていたのである。」

サイリスタ方式の調光装置は後に建設された国立劇場や解体・建設される帝国劇場など、
ほとんどの劇場に採用されることとなる。

明治年間から建設の話が持ち上がりながらも実現に至っていなかった国立劇場建設、
明治44年の開場以来、日本文化の殿堂であった帝国劇場の解体・建設は同時期の
出来事である。当社にとっては喜びの多い仕事であり責任の重大さに身が引き締まる
思いであったと当時の関係者は話している。

昭和42年にはこれからの時代を担う若い世代の人々に、舞台照明の知識の向上
や認知の拡大の助けになるようにと“丸茂ライティングニュース”を発刊。
(バックナンバーはコチラ)舞台照明にまつわる様々な情報や知識のわかり易い
解説は学校演劇に携わる人やアマチュア演劇に携わる人々などにも広く読まれ、
好評を博していた。

このように、実際の建設業務だけでなく舞台照明を一般に浸透させようと
現在に至るまで広く活動を行っている。

 

HISTORY 8

2016年6月2日

皆さん、こんにちは!

いつも当ブログをお読みくださいましてありがとうございます。

前回までは創業から第二次世界大戦を経て、すべてを失った弊社が、

技術者の記憶、焼け残った劇場の設備をスケッチして準備をし、焼け残った材料や

物資をはるばる山梨県の小屋に運びこみ

再起への新たな一歩を踏み出したところまでをお読みいただきました。

第1話 は コチラ

第2話 は コチラ

第3話 は コチラ

第4話 は コチラ

第5話 は コチラ

第6話 は コチラ

第7話 は コチラ

そして戦後復興の第8話この記事です。

 

終戦より数年を経た昭和24年、

戦時中の空襲により焼失していた歌舞伎座再建の話が立ち上がり

吉田五十八氏の設計の元、事業が開始された。

当社も舞台照明設備を担当することになったがこの第四期歌舞伎座が開場する

昭和26年までの間に朝鮮動乱が勃発し、たちまちのうちに資材は高騰、

材料不足で市場は混乱を極めることとなった。

工事関係の会社でも中には倒産する会社もあり、夜間は電線泥棒などにも

気をつけねばならなかった。

この時の歌舞伎座の設備は負荷回路254回路で、調光回路20A120回路、

30A20回路、40A20回路。

歌舞伎座操作把手盤

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真は第四期歌舞伎座の調光設備の一部です。)

この設備仕様で平成22年第五期歌舞伎座(現歌舞伎座)リニューアル開始までは

ほぼそのままの仕様で使われた。

昭和26年1月1日杮落しの日をなんとか迎えられると当社の再出発も軌道に乗ったと

いえるようになった。

昭和26年には三越劇場の照明設備を施工した。

当時はまだまだ劇場がない時代。

しかもデパートの文化事業の一環として本格的な劇場が出来たのは

三越劇場が初めてでこの劇場建設は世間の評判を呼ぶこととなり、現在に至るまで

新劇を中心に多くの公演が行われている。

昭和27年4月にはサンフランシスコ講和条約と日米安全保障条約が

発効され、連合国の日本占領に終止符が打たれた。

この昭和20年代後半から日本全国の劇場復興や新設が進み当社製品が全国各地の

ホールへと納品されてゆくこととなる。

その流れを追うように弊社もその土地に根差した仕事をと日本各地域に営業所を開設、

各地でのきめ細やかな対応を現在も継続している。

さらに、昭和31年、日本は国連復帰。この国際社会への復帰は経済の高度成長を

促し、我々の生活水準、生活内容に大きな変革をもたらした。

それと同時に文化の国際化も進んでいった。

昭和32年にはイタリアオペラが来日した。

しかし、当時の日本には本格的なオペラハウスがなく、この来日公演は東京宝塚劇場や

宝塚大劇場にて上演された。

都民からは「東京に本格的なオペラハウスを」との声が立ち上がり恩賜上野公園内に

東京文化会館の建設を計画、前川設計事務所の設計で建設が開始された。

舞台照明担当として参加した当社では西洋のオペラやバレエのキューの多さ、

早い変化に対応すべくU型調光変圧器の操作系の全てを弱電操作で行う

UMS型調光装置を開発し納入した。負荷回路数も480回路と当時としては非常に多く

回路が整備されたギャラリーがあり「効果的な明り作りができる」と評判を呼んだ。

以後会館関係者の尽力もあり今でも東京文化会館は世界有数のオペラハウスといわれている。

このUMS型調光装置は後に建設された神奈川県立音楽堂などにも採用される他、

この頃前後して開発された8吋のフラノコンベックスレンズを使用したC-8型スポットライトは以後も同様のスポットライトの代名詞となるほど流通したスポットライトととなった。

 

ページトップへPage Top