舞台裏

舞台を支える力 ~歌舞伎美人Webサイト紹介~

2022年6月13日

マルモの舞台裏をお読みくださる皆さま、こんにちは。
営業部の大竹です。

早速ですが皆さまは、歌舞伎はご覧になりますか?
歌舞伎、と聞けば三色の定式幕、
独特の隈取に衣裳を身に着け、舞台で見得をする役者の方々が思い起こされますね!
私は歌舞伎が好きなので時々足を運びますが、実は歌舞伎座という劇場空間も
とても素敵な場所で一歩足を踏み入れるだけでワクワクします。

私のように、観に行く時だけでなく、歌舞伎の「伝統」やワクワク感を感じたいという方から、
そもそも歌舞伎ってどんなお芝居なのだろう?といった方々にまで
歌舞伎にまつわる色々を楽しみながら知ることができるWEBサイトをご紹介したいと思います。

歌舞伎公式総合サイト「歌舞伎美人」(かぶきびと)です!  

こちらのサイトでは上演演目の案内はもちろん、歴史や用語、ちょっとした劇場の案内まで歌舞伎にまつわることを思う存分楽しめる素晴らしいサイトです。
今日はその歌舞伎美人より「劇場を支える力」という特集ページをご紹介します。

この特集ページは「劇場に関わる方々や松竹(株)様の舞台を支える方々のインタビューを通してその声を紹介し、新しい視点から観劇の楽しみを見つけてもらえたら」との思いから立ち上げられたそうです。

そんな特集だけに普段は伺うことのできないお話が満載です。

今回は当社にとって身近で、日頃よりお世話になっている歌舞伎座の舞台照明シニアマネージャー、
平野茂氏のインタビューです!

現代演劇とは異なる部分のある歌舞伎の舞台照明がいかなるものか、どのように考え明かりを作っているのか、
また長年歌舞伎の照明に携わっていらっしゃるからこその矜持、普段は知ることができない思いなどをお話されています。

当社は大正時代の創業となりますが、その当初から舞台照明設備に携わるきっかけとなった劇場が歌舞伎座です。
平野氏から語られる言葉から感じる歴史の流れの中には、当社の仕事も存在しているのだなぁと実感することができました。また、どのような思いで使ってくださっているのかということも知ることができ、とても身の引き締まる思いがします。

文中の写真資料についても今は懐かしいオートトランスの調光器の写真など一部当社より提供させていただいています。

ぜひこの特集「劇場を支える力」をお読みいただき、実際に劇場の客席で歌舞伎をご覧になりながら
その明かりを肌で感じていたければ嬉しいです!

※劇場を支える力は コチラ からお読みいただけます

撮影してきました!ー動画撮影の舞台裏ー

2022年5月30日

マルモの舞台裏をお読みくださっている皆さま、初めまして。
営業部の保元と申します。
私は照明を学ぶ専門学校を卒業し昨年度(21年度)入社し、
この春であっという間に1年が経ってしまいました。
入社して少し経った頃、新製品の紹介や丸茂製品の使い方について
ホームページに掲載する動画を作成するチームに入りました。

今日はその動画チームの取り組みについてお話ししたいと思います!

動画チームは山梨工場を含む全国の営業所から集まった8名で構成されています。
今回の撮影は東京の本社と技術センターのメンバーが中心となり行いました。
山梨工場のメンバーには絵コンテ作成、また対象の製品について詳しく教えてもらい、
各営業所のメンバーにはナレーションの原稿を作成してもらうなど、
全員で力を合わせ取り組んでまいりました。

今回撮影を行ったのは、先ごろモデルチェンジを行ったDMX制御の小型調光操作卓『EST2』 です。
それでは撮影現場の様子を皆様にご紹介いたしますね!

ここは、東京都大田区の当社技術センターのスタジオです。
今回はこの場所で撮影を行いました。

撮影をするにあたってまずは機材の準備から。

使用した機材はLEF2-6MH-6CB、LEF-2M-CW、LEF-4M-CWなどです。
これらは実際に操作卓で操作した時に明かりの出方を見やすくしたり、
EST2本体を照らすライトとして使いました。

そして、動画の撮影で、とても大事なことがシーンの割り振りです。
シーンの割り振りは山梨工場のメンバーが作成した絵コンテをもとに、
本社チームでもどのようにしたらわかりやすく伝えられるか話し合いを行いました。
話し合いを重ね、いざ撮影へ。

撮った動画はみんなで確認し、より伝わりやすいようこだわりをもって何度か撮影しました。

撮影は順調に進み無事終了。
撮影が終わった後は、ナレーションを撮り、動画の編集を行いEST2の製品紹介動画の完成です。

今回初めて動画撮影に関わることで、製品をつくり販売するだけではなく、
製品を広く知っていただくことも大切だということを知りました。
また、動画を撮影するということは製品の特長を良く知らないとできないことでもあるなと痛感しました。

動画は本社メンバーが編集したり、ナレーションの声を担当したり。
私はフェーダを上げ下げする役で出演するなど、一から自分たちで制作していくのはとても面白かったです。
このような工程を経て完成した

「小型調光操作卓EST2 製品紹介」の動画は こちらからご覧いただけます! 

今後もこのような製品の特長・使い方の動画を作成予定です。
どうぞご期待ください!
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

営業部 保元でした。

保守点検とはなんだろう? その2

2022年5月6日

皆さん、こんにちは!本社営業部の大竹です。
本日もマルモの舞台裏をお読みくださいましてありがとうございます。
今日は以前こちらで紹介させていただいた「保守点検とはなんだろう? その1」
の続編となります。(前回の記事はコチラからお読みいただけます)

前回は舞台照明設備の保守点検の2種類のうちのひとつ
「日常保守点検」についてご紹介させていただきました。
今日はふたつ目の「定期保守点検」についてご紹介したいと思います!

こちらは照明設備を施工したメーカーによる点検作業です。

保守点検を行うとカルテのような形で設備の状態をを把握することができます。
このカルテによって耐用年数を過ぎた部品を適切に交換することが出来るので、
トラブルを未然に回避することができます。
また、予期せぬトラブルが起こってしまった場合には迅速に原因究明が行える
というメリットもあります。

私たち人間に例えると、かかりつけのお医者さんの健康診断のようですね。


(公社)電気設備学会、(公社)劇場演出空間技術協会刊行の
劇場等演出空間電気設備指針には下記のように点検項目例が記載されています。
(※施工業者による点検ですので、契約内容により点検項目、年間の点検回数は異なります)

1主幹盤、分岐盤、調光器盤
盤内配線の点検・保守、ブレーカ調光器等の点検、盤内配線の絶縁試験、接地線の導通試験、
法規で定められた負荷配線の絶縁試験、調光制御試験、漏電遮断器・漏電警報装置の動作テスト

2調光操作卓
卓内配線の点検、フェーダ・操作スイッチ等の部品の点検・保守、直流電源等卓内設備機器の点検試験、
電源強電部の絶縁試験、卓接地の導通試験、制御信号の特性試験、調光動作特性試験及び調整、
バックアップを有する場合はその動作試験、調光操作卓の総合テスト

3負荷配線設備
負荷配線の点検、ボーダーケーブルの点検、コンセントの点検、フライダクトの点検

4フォローピンスポットライト
灯体の点検整備、電源ボックスの点検、電源ボックスの絶縁試験、機器設置の導通試験
となっています。

このように定期保守点検では、公演活動に欠かせない設備の点検をしっかりと行います。

前回の「日常保守点検」と今回の「定期保守点検」
両者の密接な連携があれば日々の公演の安全、安心につながってゆくのだな、
ということが調べみたことでよりよく分かりました!

それでは最後になりますが、実際に当社定期保守点検現場の様子を少しだけご紹介しますね!
(撮影協力:東京芸術劇場)

札幌営業所紹介

2022年4月4日

全国の丸茂電機ご愛顧の皆様、HPを閲覧されている皆様、初めまして。
丸茂電機札幌営業所 野呂田と申します。
今回、マルモの舞台裏、札幌営業所の紹介という事で皆様にご挨拶ができる事、
誠に嬉しく思っております。

早速、営業所紹介を……

といきたいところですが初めてご挨拶する方がほとんどですので営業所紹介の前に
簡単に自己紹介をさせて頂きますね。

私は2021年1月に丸茂電機に中途採用で入社致しました。

名前は野呂田 翔、
自己紹介の際は「日ハムの中田翔と同じ翔です」が定番だったのですが、使いにくくなりましたね……。
出身地は北海道札幌市です。 父が転勤族であったため幼少期は埼玉県で育ち、
小学6年生の時に札幌市に戻り、そこからは自称【道産子】です。

前職は北海道のTV局で照明を約9年担当していました。
業務内容は番組のスタジオオペレートから生中継、収録番組ロケ等、
TV局で制作している番組の照明全般を担当していました。

趣味はテレビ鑑賞(主にバラエティ番組)、レザークラフト、食べ歩き(今は自粛中)です。
ここで私が食べ歩いた北海道グルメのほんの一部を皆様にご紹介したいと思います。

まとめてみるとB級グルメが多いですね。
札幌の新グルメ『スープカレー』からド定番の海鮮丼、帯広豚丼、
〆パフェは札幌のすすきので飲み終わった若者達に大人気の〆メニューです。
そして、札幌グルメとしては外せないのはやはりこの逸品ではないでしょうか?

写真は私が一番好きな札幌ラーメンです。
札幌ラーメンは北海道民のソウルフードで特徴は濃厚な味噌味のスープに中太でちぢれた玉子麵。

絶品です。

『あれ?ジンギスカンは?』と思った方……
北海道のグルメとしてジンギスカンは大変有名ですが
北海道民にとってのジンギスカンはお店で食べるものではなく
家でテーブルに新聞紙を敷いて家族で囲むものです。こちらも道民のソウルフードですね。
また北海道のコンビニには高確率でジンギスカンのタレが販売されています。
当たり前と思っていましたが北海道ならではの事のようです。


北海道グルメを一気に紹介させて頂きました。
企業オフィシャルの記事である為、店名は記載できませんがどれも市町村名と料理名で
検索して頂ければヒットする名店ばかりです。
北海道にご旅行の際に少しでも参考になれば幸いです。

さて、本題の札幌営業所の紹介を。
丸茂電機札幌営業所は北海道全域を担当しております。
皆様は日本地図の縮尺の不思議をご存じでしょうか?
世界地図で日本列島を切り抜いた場合縮尺は正確なものですが、
日本地図はほとんどの場合、北海道は縮尺を調整し製図されています。
(日本地図の見やすさを優先する為です。※諸説あり)
お近くの青森県から順に北海道の面積まで足し算をすると……

北海道≒青森、岩手、秋田、山形、宮城、福島、新潟、栃木となります。

正に『北海道はでっかいどう』ですね。

そんな広大な土地の主要都市、札幌に営業所を構えております。

写真はさっぽろ雪まつりで世界的にも知られる大通公園、1丁目にありますテレビ塔。

大通公園は札幌中心部を東西に1丁目~13丁目にわたり貫いており全長は1.5kmと
北海道の広さを象徴するかのような公園です。
開催されるイベントも多くあり、冬のさっぽろ雪まつりをはじめに夏にはビアガーデン、
ラーメンフェスタ、秋にはオータムフェスト、ホワイトイルミネーションなど、
年中にぎやかな観光スポットとなっております。

そんな大通公園7丁目から南側に一丁入った都市ビル9F に事務所を構え、丸茂電機札幌営業所は
所長 小宮山を筆頭に伊藤、野呂田の計3名体制で日々、業務に当たっております。

舞台・テレビ照明、また舞台機構・スタジオ機構全般、国内外各社製品につきましてもお気軽にお問合せ下さい。

皆様の演出表現のお手伝いを是非、丸茂電機札幌営業所にお任せ下さい。

また、ご来社の際には、ご一報頂けると幸いです。
【マルモの舞台裏】次回、またご挨拶ができる事を楽しみに、
札幌営業所紹介記事の締めとさせて頂きます。

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。


舞台照明技術者会議終了と棚卸のお知らせ

2022年3月18日

皆さま、こんにちは!

本日も当ブログをお読みくださりありがとうございます。
めっきり春らしく温かい日が続くな、と思っていたらもう3月半ば。
3月は卒業式や年度末を前に忙しい日々を過ごされている方も多いのではないかと思います。

そんな年度末差し迫る中、先日香川県で開催されました『舞台照明技術者会議in高松』及び当社ブースへの
ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!
普段お会いできない地域の方々にもお会いすることができ、嬉しかったです。

さて、当社ではこの度下記の日程で棚卸を行うこととなりました。
この期間中は誠に勝手ながら製品の出荷を停止させていただきますのでご注意ください。

・3月29日(火) 3月最終出荷 (当日工場出荷分のご注文受付は11:00まで)

3月30日(水)・31日(木) 終日棚卸の為出荷停止

・4月  1日(金) 通常出荷

※棚卸期間もご注文の受付はいたしますが、製品の出荷は4月1日以降となります。

皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご了承の程何卒宜しくお願い申し上げます。


「全国舞台照明技術者会議 in 高松」に出展参加します

2022年3月9日

皆さま、こんにちは!
いつも『マルモの舞台裏』をお読みくださりありがとうござます。

先日、私共丸茂電機はお陰様で創立103周年を迎えることができました。
ありがとうございます!
104年目も社員一丸となり、舞台芸術の世界へ貢献すべく日々邁進してまいります。

私共は、舞台照明設備の設計・施工・メンテナンスそしてスポットライトなどの照明機器の
販売が主な業務となっているので日頃はなかなか皆さまにお目にかかることができません。
展示会への出展は私たちにとって、ブログやHPをご覧くださる皆さまとお会いできる貴重な機会です。

さて、この度、丸茂電機は来る3月16日、17日に香川県で開催される
『全国舞台照明技術者会議 in 高松』にて機器の展示を予定しています。

こちらの催しは、日本照明家協会様の主催となりますが、
会員以外の照明家の方、劇場や舞台関連のお仕事の方、
舞台に興味のある学生の方など広く無料でご参加いただける催しです。

当社は機材展示での参加です。
同日、会場ではセミナーの開催も予定されています。
(セミナーについては協会HPにて確認をお願いします)

先日終了した『ProLight&ProVisual2022』は開催地が東京の為、
ご来場いただけなかった方もいらっしゃると思います。
近隣の地域にお住いの皆さま、この機会にお目にかかれますことを楽しみにしております!

★全国舞台照明技術者会議 in 高松★

主催 :(公社)日本照明家協会
場所 :香川県県民ホール レクザムホール (香川県高松市玉藻町 9-10)
日時 :2022年3月16日(水)~17日(木)
参加費:無料

【当社出展予定機材】
・LBF-WC 
・LLH-2L-WC
・LSF2-503
・EST2-20-B

展示会出展終了報告 「ProLight&ProVisual」

2022年3月1日

本日もマルモの舞台裏をお読みくださり、ありがとうございます。

先日こちらのブログでお知らせさせていただいた展示会、
「ProLight&ProVisual」が終了いたしました。

私共、丸茂電機の出展ブースはこのような感じとなりました。

展示は当社の新器具LBC

同じく新器具LLH

そして小型調光操作卓EST2-20-B

展示スペースの関係上製品の展示はごく限られたものになりましたが、
ブースにお立ち寄りいただいた皆様には実際の明かりをご覧いただけて嬉しかったです。
今回の展示会、国内メーカーは当社のみが出展ということもあり、
わざわざ足をお運び頂いたお客様もいらっしゃいました。

ご来場いただきました皆様には心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

このような時勢であり、感染対策を行いながらではありましたが、
私共もお客様と直接お会いして、製品をご覧いただける機会が得られ、
展示会の醍醐味を久々に感じることができました。

製品についてのより詳しいご説明、またデモンストレーションを
ご希望のお客様がいらっしゃいましたら
最寄りの営業所までご連絡をお願いします。


ProLight&ProVisual 2022 に出展します!

2022年2月4日

皆さん、こんにちは!
いつも❝マルモの舞台裏❞をお読みくださり、ありがとうございます。

私達、丸茂電機は、舞台照明設備の設計・施工やメンテナンスそしてスポットライト
などの演出照明機器販売が主な業務となります。
ですので残念ながらブログやHPをご覧くださる皆さまとお会いできる機会はそう多くありません。

ですが、この度、2月16日より開催の

~舞台演出にかかわるプロのための照明・映像の専門展示会~『ProLight&ProVisual』

に出展いたしますのでご案内させていただきます。

展示会は私達にとりまして、日ごろお会いする機会がない方々とお会いできるばかりでなく、
ご来場いただいた方々に製作する機器をご紹介し実際に触れていただける貴重な機会です。

会場にお越しの際には、当社ブースにもお立ち寄りいただけますと幸甚です!

★ProLight&ProVisual 2022★ 

 開催地:東京ビッグサイト 東7ホール

 開催日:2022年2月16日(水)~2月18日(金) 

時間 :10:00~17:00(最終日のみ10:00~16:30)

(※社会情勢により今後予告なく出展予定が変更になる場合もございます。弊社出展情報につきましては当ブログをご参照ください。
また展示会全体情報につきましては公式HPにてご確認ください。)

当日は20社ほどの出展が見込まれており見どころも沢山あるかと思います。
また、会期中はセミナーの開催も予定されています。(※当日来場先着順)

開催概要、セミナー情報及び招待状の取得については
公式HPにてご確認ください。

保守点検とはなんだろう? その1

2022年1月31日

皆さん、こんにちは!
営業部の大竹です。本日も当ブログ、マルモの舞台裏をお読みくださいましてありがとうございます。

2022年になりそろそろ1か月が過ぎようとしています。
御挨拶が遅くなりましたが、この一年が皆さんにとりまして益々、幸多く、実り豊かな年となりますよう
お祈りいたします。

さて、入社してからの勤続年数が長いとはいえ、未知の領域学ぶべきことはまだまだあるなぁと思う今日この頃です。私にとってそのひとつが劇場内で行われている保守点検業務になります。
保守点検は、劇場や講堂という限られた空間でのみ行われる業務のため、営業課で社内の業務に従事している私にはあまりなじみのない仕事です。

そこで!今回は2回に分けて保守点検について私も勉強しながら皆さんにご紹介してゆきたいと思います。

劇場やホールなどで日々開催されている演劇やコンサート。


それは当然ながら Show must go on 

ひとたび幕が上がれば終演まで、あらゆる設備は正常に運転され、公演を止めるようなことがあってはなりません。
ですが、どんな設備でも使用頻度や使用条件、経年による部品の劣化などが原因で変化をきたしてゆきます。
ですので、公演活動に支障をきたさないためにも、私達人間の健康診断と同じように舞台照明の点検整備を行うことでその変化にいち早く気づき、必要に応じた対処をすることがとても重要になります。

保守点検には大別すると2種あります。
「日常保守点検」と「定期保守点検」です。

日常保守点検は施設を管理している方、照明のご担当の方に行っていただく日々のチェックと整備です。
(ご使用になる方々の手で行われる点検です)

『劇場等演出空間電気設備指針』((公社)電気設備学会、(公社)劇場演出空間技術協会 刊行)
では日常保守点検において次の作業を行うことが推奨されています。

1.フェーダーの動作確認
2.操作スイッチ類の動作確認
3.計器及び表示器の動作確認
4.バックアップシステムを有する場合はその動作確認
5.照明器具類の点灯確認と予備電源ケーブル、落下防止ワイヤーの異常確認
6.延長ケーブル、接続器の破損等の確認
7.照明器具類の清掃
8.照明器具類の絶縁試験と接地線の導通チェック
9.主幹盤、調光器盤等のブレーカ目視確認
10.漏電遮断器、漏電警報装置の動作テスト

照明器具については(公社)劇場演出空間技術協会の照明部会で

『演出空間用照明器具を安全に使用するために』という安全手帳(←クリックするとみることができます)をデータで公開しています。
こちらには更新時期や劣化判定基準の点検項目と判断基準の例が記載されていますので是非、ご一読ください。

というわけで今回は日常点検について色々とご紹介sました。

確かに日々のお手入れで気付けることが沢山ありますね!
日常点検を行い不具合などが見つかりましたら、最寄りの営業所までお気軽にご相談ください。

次回はもう一つの保守点検、『定期保守点検』についてご紹介したいと思います。

年末年始休業のお知らせ

2021年12月24日

皆さま、こんにちは!
いつも当ブログをお読みくださりありがとうございます。
2021年の年の瀬、2022年の幕開けが差し迫る頃となりました。

近頃は東京もめっきり冬らしくなり寒さが身に沁みます。

さて、私共、丸茂電機では下記の日程におきまして年末年始の業務をお休みさせていただきます。

年末の大掃除で、点検・備品チェックなどを行い、
修理のご依頼、備品や電球の追加購入のご予定などございましたら最寄りの営業所までお気軽にご連絡ください。

休業期間    令和3年12月29日(水) ~ 令和4年1月4日(火)

        令和4年1月5日(水)より通常営業いたします。

※年内最終出荷は、12月27日(月)AM12:00までのご注文分とさせていただきます。
※12月28日(火)は、品物の出荷はできませんのでご了承ください。
※年末年始の期間は、運送状況により着荷日が前後する可能性がございます。

お客様には、年末でご繁忙の折ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

最後になりますが、皆様、本年も当社をお引き立てくださいまして誠にありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎えくださいませ!

ページトップへPage Top